世捨て人のつぶやき

個人面談で宇宙を見ました

子どもたちの個人面談に行って来ました。
最近は学校の方で日時を調節してくれて、兄弟のいる人は間を15分ほど取って同じ日にしてくれます。
去年まではそんなことは一切なくて、わざわざ2日に分けて行きました。
なのでこういう小さな心遣いにも、過剰に感謝してしまいます。
さて、本題の面談ですが、娘にも関してはお褒めの言葉のオンパレード。
家では全然違うんですよ〜と声を出して言いたかったけれど、考え方によっては学校できちんとやっている分、
家で弾けるのは仕方ないかもと思い、ただただ「ありがとうございます。」とお話を聞いてきました。
そして息子。
どうやら成績の方は問題ないようで、寧ろ褒めて頂きました。
が、「どうやらMくんのお道具箱には宇宙が広がっているようで、授業中延々手遊びしてます。」と、
先生が笑いながら言うんです。
お道具箱に宇宙???なんですか?それ???
ご丁寧に先生が見せてくれたのは、
消しゴムのカスを丸めて作った地球に火星に土星に水星…ホントに宇宙でした。
「これ、かなり精巧ですよね?手遊びでなければ飾りたいくらいなんですよ。
毎時間、ものすごく集中して作ってるんですけど、わざと指すと間違わずに答えるんですよね〜。

耳はしっかり授業を聞いてるってすごいですよ。」
って、先生、完全に嫌味なのか微妙に感心してくれているのか、本当に微妙な感じでした。
毎年、毎年、こんな調子で、怒られるでもなく、褒められるでもなく来てしまい、
いよいよ高学年の仲間入りです。
本当に恐ろしい。。。


初めての大雪の喜びと恐怖

全国で大寒波の影響による大雪が至る所で現れていますね。
普段は全く積もらないような場所でもかなりの雪が積もるといった事も出てきています。
そんな中、私もその大雪の影響を受ける事となりました。
今まで私は海沿いの街でしか暮らしたことが無かったのですが、
今年は山間部の方で一人暮らしを始めたのです。
そんな経歴ですから、雪が降るといっても全く慌てることもありませんでした。

 

雪が振り出した日、私は丁度お休みの日でした。
窓から見える白い雪にとても興奮していました。
私はバイクの免許しか持っていないので、
その日の外出はしないようにと家でひたすら雪を眺めていたのです。

 

しばらくして、ふと地面を見てみると雪がうっすらと積もり始めていました。
それすら私には嬉しい事だったんですが、時間が経つにつれて少しずつ怖さが出てきたのです。
このまま降り続けて積もってしまったら、私には移動手段が無くなってしまうからです。

 

雪なんて初めてだったので長靴なんて用意すらしていませんでした。
次の日は仕事なのに、このままだと行けなくなるのでは…
不安が混じる中時間が過ぎていきましたが、夜になっても止む気配が全くありませんでした。
バイクの雪を掃うのに駐車場へ行きましたが、10cm近く積もっていた事にとても驚きました。

 

仕事への不安から夜もなかなか眠れず、翌朝。
案の定雪が降り続けていました…
徒歩で行くこともバイクで行くことも出来ず、その日は結局仕事を休む羽目になったのでした。
やはり雪を喜ぶのは子ども達だけなのだなと痛感した一日でした。


消費者金融で借り入れ

 

今月お財布がピンチで少しだけでも借りることができないかという際には借り入れが意外と有効かもしれません。

 

最近の貸金業者の借り入れスピードはどんどん速くなってきて、条件さえ合えば当日中の融資が可能というくらいになってきているのです。

 

これまで余分な手続きや審査の遅さが印象的だったために、借りるのにはオーきなハードルがありましたし、利子のことまで考えるとどうしても借りるという手段を使いたくないという方もいたようです。

 

消費者金融について調べてみると、当日借りれるところも増えてきたみたいですね。

 

特に、一度借り入れを行った消費者金融できちんと返済まで行うことによって次からはスムーズに審査を行って借りることもできますし、場合によってはATM機器での借り入れを行うことができます。
その点からも借りるのに大きなハードルがなくなるのです。ちかくに借りる場所もなく金融業者がない場合にはネットや携帯からの借り入れもありますのでそちらも利用可能となっています。

 

金融機関によってはすぐに返済が始まらないことも多く、少ない金額で有れば利子を感じることもなく返済を行えてしまうこともありますので、一時的な借り入れにはそれほど抵抗感を持つ必要はなさそうです。